ねずみの危険性|厄介で危険な害鳥|鳩は早めに駆除対策を練る必要あり
男の人

ねずみの危険性

女の人

人間に害をもたらしている害獣は多いです。しかし、そんな害獣の殆どは鳥獣法により市役所に駆除の申請をしなければ駆除できません。しかし、ねずみだけは例外です。ねずみは申請の必要なく駆除することができます、その理由はねずみは非常に危険であり、一刻も早い駆除が必要だからです。ねずみの繁殖力は凄まじく、増えれば増えるほど被害は拡大するので早めに対策しなければならないからです。
ねずみによる被害の種類は多いです。食べ物や家の壁、柱をかじられたり、細菌の媒介をしたり、糞尿により悪臭を蔓延させるなど様々です。それが繁殖することにより2倍4倍と増えていくので早めにねずみ駆除を行う必要があります。もし、手がつけられないほどネズミの害が増えているのであればねずみ駆除業者に依頼して駆歩してもらうことになります。ねずみ駆除業者はねずみの駆除に関するプロであり、原因の究明や的確な駆除作業を行い、効率よくねずみを駆除していきます。
また、被害の規模がまだ小規模ならば、忌避剤を使って追い出したり、捕獲用罠を使って捕獲するという手段が挙げられます。この時、ねずみを殺す殺鼠剤を家の中に仕掛けるのはあまり良いとはいえません。屋内で死んだねずみが腐敗すれば悪臭の原因となるからです。よって、ねずみ駆除に用いる罠は、捕獲罠香もしくは忌避剤を使い、ねずみを追い出すか、もしくは捕まえるかを念頭に置いて仕掛けましょう。なお、ねずみ用罠はドラッグストアなどでも買えます。